今夜Twitterの我がタイムラインで知ったNEWS。↓↓↓
amass.jp

 スモール・フェイセス(Small Faces)がデッカ時代に残した音源をまとめたCD5枚組のボックスセット『The Decca Years 1965 - 1967』。海外で10月9日発売予定。

曲目などは未発表ですが、ボックスはデッカ時代のコンプリートボックスとなるようで、スタジオ・ヴァージョンのほか、別ヴァージョンやBBCセッション音源、レア音源などを未発表なものを含めて収める予定。すべての音源はメンバーであったドラマーのケニー・ジョーンズによる監修の元でオリジナルのアナログ・マスターから新規リマスタリングが施される予定です。

またボックスには稀な写真も掲載された72ページのブックレットも同梱される予定です。

  是非、日本盤も出していただきたい。日本語解説は勿論のこと、"稀な写真が掲載された72ページのブックレット"に和訳をつけて!

 基本的にコレクターではないので、この手の箱モノにはどんなに好きなバンドやミュージシャンのものでも、心が少し揺れるだけで「欲しい」「なんとしても手に入れたい」ってところまで気持ちが及ばないことが殆どなのですが、このスモール・フェイセスのデッカ時代のボックスセット発売決定のNEWSを目にした時は、心が揺れる前に「こりゃ買わなきゃ!」の一言が口から出ていました。(笑)

 1960年代後半の英国のロック・シーンからR&Bやソウル・ミュージックへの憧憬や愛情をストレートにガッツ溢れる歌と演奏に乗せて発信していた時期(デッカ・レコード在籍時)のスモール・フェイセスの全貌に触れることが出来る。なんて素晴らしいことでしょう。今から既にわくわくしています。

 そして、当時はティーンの女の子のアイドルでも会った彼等。付属のブックレットにはきっと、そんな時期の彼らを捉えたキュートでカッコよくて素敵な写真が多数掲載されているのでしょうね。そちらも楽しみです。