これまでに学校法人や電子機器などの合併を記事にしていたが

製薬業界でも、合併が進んでいるようだ

 

10年ほど前に、大きな合併劇が連鎖的に起こり

マンモス規模の企業がどんどんと出来ていた製薬業界だが

 

ここにきて、所有特許の期限が迫るなどで

また合併の気運が高まっているようだ

 

創薬は、かなり体力がいるため

まずの利益確保には既存薬の販売権の獲得が必要になる

 

リスクが創薬に比べて低い

将来性のある創薬ベンチャーを買い取りなども一つの可能性だろう

 

この合併が成功した場合に、

また製薬業界の勢力地図は大きく塗り替えられることになり

対抗策として他者がまた合併を企画し始める事になるのではないだろうか?